ハーブティー 副作用

人気のハーブティーですが、実は薬との組み合わせで副作用やアレルギー反応が出たりします。ハーブティーとの上手な付き合い方をご紹介します。
MENU

快眠サポートしてくれるハーブたち

心地よい眠りのために、ハーブティーが効果あり、などと聞いたことありますか?

 

ハーブには、種類によって色々な効果が得られます。
快眠に良いものだけでなく、寝起きに効き目があるものも。

 

どういうシーンに、どのようなハーブが良いのか、すぐに答えることが出来ると自慢になりますね。
今回、ご紹介するのは浅い眠りばかりだとか、寝つきが悪いといった
人に効果を発揮してくれるハーブです。

 

 

ラベンダー

快眠効果と言って真っ先に思い出すのが、ラベンダーではないでしょうか。
香りも良くて、キレイな色のラベンダー。
リラックス効果があるハーブとしては多くの人が知っていますね。

 

ハーブティーとしても定番ではないでしょうか。
ラベンダーの香りには「酢酸リナリル」という、成分が含まれています。
酢酸リナリルが神経を落ち着かせてくれるのです。

 

就寝前にラベンダーのハーブティーを飲むと、緊張がほぐれ、眠りに誘ってくれます。
アロマなどでは、香りが強くなってしまうので、逆に目が冴えてしまうことも。

 

ハーブティーとして飲用するか、乾燥させて芳香剤にするのが優しい香りでおススメです。

 

 

ペパーミント

ペパーミントと聞くと、すっきり、清涼感で目覚めてしまう感じがしますよね。
実は、このペパーミントは、鎮静作用があるのです。
消化を促進してくれる効果もあります。

 

吐き気や胸焼けなどといった症状に効果的です。
焼肉屋さんなどで食後にもらえるガムなどもペパーミント配合のものが多いですね。

 

また、胃の痛みを緩和してくれたり、腸内のガスを抜いてくれたり、
胃腸の調子が悪く眠れない時などに効果を発揮してくれます。

 

気をつけたいのが、フリスクのような、強いペパーミントの刺激は、
安眠どころか、脳の覚醒、集中力を高めてしまって、睡魔が消えてしまうこともあります。

 

就寝前にペパーミントのハーブティーを飲む場合は、少し薄めにして、
あまり強くならないようにしたいですね。

 

 

カモミール・ジャーマン

「地上のリンゴ」という意味のギリシャ語に由来のあるカモミール。
神秘的な魅力を感じてしまいますね。

 

カモミールは、産地によってジャーマン、ローマンといったものがあるのですが、
ジャーマンが最もハーブティーには利用されています。

 

ふんわり甘い味で、リラックス出来る香りのジャーマンカモミール。
ヒステリーなど神経系の治療にも使われることのある、沈静作用に強い効果があります。
美白効果も期待出来るらしく、女性には人気が高いハーブです。

 

そのほかにも、抗炎症作用や消炎作用なども強いので、
風邪症状やアレルギーなどにも効果が得られます。
単体でもブレンドでも、飲みやすいハーブです。

 

 

 

色々な種類のハーブの効果がわかると、多々なシーンで利用できて良いですね。
意外と身近なところでたくさん用いられているハーブ。
自分の症状に合わせていろいろな活用をしてみるといいでしょう。

 

このページの先頭へ