ハーブティー 副作用

人気のハーブティーですが、実は薬との組み合わせで副作用やアレルギー反応が出たりします。ハーブティーとの上手な付き合い方をご紹介します。
MENU

ハーブティーとカフェインについて

コーヒーや紅茶などにはカフェインが多く含まれています。
お茶でも、緑茶やほうじ茶なども同様です。

 

カフェインというとコーヒーが真っ先に頭に浮かびますよね。
でも、一般的に良く飲まれている多くのお茶には、カフェインが含まれています。
それに引き換え、ハーブティーはノンカフェインのお茶なので人気が高いとされています。

 

ハーブティーには種類によって、ノンカフェインだということ以外にも、
たくさんの効果があり、当サイトでもご紹介させていただいているように、
母乳の出がよくなるものや、健康、美容などのために飲まれている方も多いですね。

 

妊娠中の人やカフェインがどうしても苦手だという方には、
色々な効果が期待出来るハーブティがおススメです。

 

 

カフェインがまるで悪い飲み物といった感じがしますが、あくまでも
過剰摂取が体に毒となるものの、疲労感を取り去ってくれたり、
集中力を高めたりしてくれます。

 

胃が傷んだり、体に害を及ぼすというのは、過剰摂取の場合がほとんどなのです。
中毒性なども心配なところもあるので、適量摂取を心がけるといいでしょう。

 

ただし、それは一般論であって、やはり子供や妊婦さんにはカフェインの悪影響が
出やすくおススメできるものではありません。
小さな子供や妊婦さんなどには、ノンカフェインの麦茶や穀物茶、ルイボスティーなどが良いでしょう。

 

 

気になるハーブティーについてですが、
どのハーブティーもノンカフェインだということではありません。
さらに、ノンカフェインでも、妊娠中は控えた方が良い種類もあります。

 

 

カフェインが含まれていない、妊娠中に良い効果のあるものでは、「タンポポ」があります。
タンポポ茶、タンポポコーヒーというものを見聞きしたことがあるというかたも多いのではないでしょうか。

 

ハーブって西洋植物じゃないの?と思う方も多いかもしれませんが、
タンポポやルイボスなどもハーブなのです。

 

 

妊娠中のカフェインは注意が必要だけど、代わりにタンポポ茶、タンポポコーヒー
などでティータイムを楽しめます。

 

 

カフェインに不信感があったり、体質に合わないという場合、
カフェインの含まれていないハーブティーを楽しむと良いですね。

 

専門店などで、スタッフの方に色々相談すると、自分に合った、
お気に入りのハーブを見つけることが出来る近道かもしれませんね。
女の子を欲しい

 

このページの先頭へ